シェフが安静中の間に。

a0216805_1033423.jpg


シェフは自宅にて安静中~の間に、先輩のご自宅におよばれ。
アンティークショップで長い年月かけて買い集めた
欄間や引き戸、照明、タイル、家具がセンス良く
レイアウトされた素敵なお宅。憧れるわ~。


a0216805_1031922.jpg


「これは買ってきたけ~ん」と言いながら
テーブルに運ばれたちらし寿司も
お庭でつんだバランに一人分ずつ盛りつけて。
おうちの設えも、こういったお料理の盛り付けも、
趣味で集めたという食器も
センスと工夫が凝らされてる感、満載。


a0216805_10314160.jpg


お手製のキッシュはパイ生地の代わりに里芋を。
食べ切れなかったものは持ち帰りに包んでくれましたが
シェフが「美味しいね~」って言いながら
しっかり頂きました。


a0216805_10321445.jpg


トロトロの角煮。マンゴージャムの酸味がいい仕事していました。
これもシェフに食べさせてあげたかったな~(笑)
手間暇かけた美味しいお料理をごちそうさまでした。


a0216805_10323634.jpg


ランチの後は、お茶の時間。
場所を変えて、福岡市内が一望できる
日当たりの良いリビングで。
社会人になりたての頃にとってもお世話になった先輩二人。
ずっとずっと見守ってくれて、ありがとうございます。
これからも宜しくお付き合いくださいますように。

by solesole0913 | 2014-01-25 11:18 | 木下のキモチ。 | Comments(0)  

<< メニュー。 快気祝い。 >>